一般健診

一般健診について

雇入時健診・定期健診・各種自費健診

健康の維持増進のためには、バランスのとれた食生活や適度な運動等のセルフケアが大切ですが、定期的な健康診断も欠かすことは出来ません。

当院では、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などのほか、各種自費健診に応じておりますので、お気軽にご相談ください。

※会社や自治体の健康診断などで血液・尿検査などの結果、「異常」を指摘された方の再検査・診察もご相談ください。

定期健診の項目について

定期健診・雇入健診・深夜健診の項目と金額は以下となります。

区分

定期健診

雇入健診

深夜

項目

34歳以下or36~39

35or40歳以上

 

入職時

深夜労働

血液 ×

血液 〇

血液 〇

血液 〇

血液 〇

血液 ×

心電図 ×

心電図 ×

心電図 〇

心電図 〇

心電図 〇

心電図 ×

内科健診

聴打診・問診
(喫煙歴、服薬歴含む)

自覚および他覚症状

計測

身長

体重

BMI

腹囲

血圧

視力

聴力

オージオ

胸部XP

デジタル直接

 

尿

尿糖

尿蛋白

潜血

 

 

 

 

 

ウロビリノーゲン

 

 

 

 

 

沈渣

 

 

 

 

 

貧血

赤血球

 

 

血色素量
(ヘモグロビン)

 

 

白血球

 

 

 

ヘマトクリット

 

 

 

血小板

 

 

 

肝機能

GOT

 

 

GPT

 

 

γ-GTP

 

 

総蛋白

 

 

 

 

 

脂質

中性脂肪(TG)

 

 

HDLコレステロール

 

 

LDLコレステロール

 

 

総コレステロール

 

 

 

 

 

血糖

空腹時血糖

 

 

HbA1c(NGSP)

 

 

 

 

 

心電図

12誘導

 

 

 

腎機能

クレアチニン

 

 

 

 

 

尿素窒素

 

 

 

 

 

痛風

尿酸

 

 

 

 

 

価格(税抜):円

4,000

8,500

9,500

11,111

9,500

3,500

特定健診

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、医療保険者(国民健康保険・職場の医療保険等)は、平成20年度より「特定健康診査(通称:特定健診)」と「特定保健指導」を実施しています。

特定健診は、糖尿病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の生活習慣病のリスクが高い方、およびその予備軍の方を見つけ出し、生活習慣病のリスクに基づく必要度に応じて特定保険指導を実施します。

特定健診の目的は、高血圧や糖尿病などの病気を発見するだけでなく、生活習慣病の発症を未然に防ぐことにあります。40歳を過ぎたら年に1回は健診を受けましょう。

 

健康診断で生活習慣病を予防

自覚症状が現れにくい病気の代表格に生活習慣病があります。

生活習慣病は早期発見が大切ですが、健康診断はそんな生活習慣病やその予兆を発見する良い機会です。

生活習慣病は「成人病」とも呼ばれ、糖尿病や高血圧、脂質異常症(コレステロールや中性脂肪が高い疾患)、痛風などがあります。

主に過食、運動不足、過度の飲酒、喫煙、ストレスの蓄積、そして肥満といった生活習慣の不摂生が原因で起きてきます。

生活習慣病と呼ばれる病気の多くは症状が現れてからでは治療が長引き、心臓病や脳卒中などの重大な合併症を引き起こす可能性が高くなります。

生活習慣病にならないためには、健康なときからの心がけ、そして自分の健康状態をチェックするために、
定期的な健康診断を受けることが大切です。

これといった自覚症状が無い厄介な生活習慣病を予防するためにも、また早期発見・早期治療のためにも、
年1回は健康診断を受けることをお勧めいたします。

lԃhbNlS̕