婦人科

※初めての方は、健康保険証を持参の上、ご来院ください。

婦人科のご案内

婦人科では思春期から成熟期・閉経期・高齢の方まで、女性の生涯にわたるヘルスケアに関与しています。対象となる疾患や症状は主に以下のものになります。

  • 腫瘍性疾患:子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣嚢腫・子宮頸癌・体癌・卵巣癌など
  • 女性ホルモンの関与する症状:生理不順・月経痛・月経前症候群・更年期症状など
  • 加齢的要因も関与する症状:子宮下垂や子宮脱などの骨盤臓器脱や骨粗鬆用など
  • 感染症・炎症:膣・外陰炎・骨盤腹膜炎や膀胱炎
    クラミジア・淋菌、カンジダ、トリコモナス、ヘルペスなど
  • 避妊や月経移動、妊娠の相談

生理不順や月経痛・月経前症候群・更年期症状などは健康な女性の誰もが直面しうる事柄・症状ですが、社会生活を送る中で、生活の見直し・漢方薬やピル等の使用で改善することでより快適に過ごすことが出来るようになります。
子宮筋腫や子宮内膜症は良性の疾患で、程度が軽いものは手術せずに保存的治療も可能です。ただし月経のある間は進行するので経過観察は大切です。
婦人科受診となった症状の背景に甲状腺疾患や糖尿病あるいは消化器・泌尿器科疾患などが存在する場合もあり、婦人科外来は「女性診療科」として、さまざまな症状の窓口・交通整理の役割を担っています。

当施設では「内診」や子宮体癌などの検査も、なるべく痛みの少なくなるようつとめております。また、内診だけでは解らない子宮内部・卵巣の様子も経膣超音波検査の使用により、痛みも無く目に見える形で観察出来るようになります。 ※内診台で待つ必要がある場合には、両脚を閉じることが可能な機種を使用しております。

こんな症状・事柄がありましたら婦人科にご相談ください

貧血症状(ふらつき・疲れやすい・立ちくらみ・動悸・息切れ・健診で貧血指摘)

子宮筋腫やホルモンバランスの変化などで月経の量が多くなっている可能性がります。夜間も交換の必要があったり、夜用ナプキンでも間に合わない方は受診をお勧めします。

月経(生理)中・月経前・排卵期の諸症状

頭痛・腰痛・下腹通・イライラ、気分の落ち込み、出血量が多い出血日数が長引く、生理不順

閉経前後(40~50代)の諸症状

のぼせ・ほてり・発汗・頭痛・めまい・肩こり・腰痛・冷え・イライラ・疲れやすい・気力低下

月経以外の出血・おりものの異常(色・におい)・下腹痛・おなかの張り・急な腹囲の増大等

子宮のポリープ・子宮筋腫・卵巣のう腫・クラミジア等の性感染症・膣炎・骨盤内炎症のほか、子宮外妊娠や子宮頚癌・子宮体癌・卵巣癌の可能性が無いか受診をお勧めします。

子宮がん検診・婦人科検診後のフォローアップ

子宮頚部や体部の細胞異常・子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・骨量の低下などを指摘された場合、治療を要する状況にならないかどうか経過観察していくことが大切です。

排尿の異常

頻尿(近い)、クシャミなどで漏れる、間に合わない、排尿時の痛み

「下がる感じ」

閉経後、年齢とともに子宮や膀胱・直腸などが下降・脱出してくることは珍しくありません。
体操や漢方・膣内リングの使用等で軽快することもあります。

外陰部の諸症状

おりもの・かゆみ・できもの・水泡・しみる感じ・痛み

避妊の相談

通常は事前から行う(ピル・子宮内避妊具ほか)ことが大切ですが、処置が万全でなかったり、失敗してしまったときのための、緊急避妊(事後対応)という手段もあります。

月経の時期をずらしたい

「旅行や結婚式・受験・就職・スポーツの試合など大切な時期に当たりたくない」
→薬により移動が可能です(ドーピングにも該当しません)。直前よりも数周期前から準備するとより負担が軽くなります。

便秘・手足のひえ

多くの女性によく見られる症状です。



lԃhbNlS̕

lԃhbNە⏕p̕